SyntaxHigh

Monday, July 15, 2013

TLC5940: 破壊原因

30個以上 TLC5940 を壊してしまっているが,いろいろやってだいぶ壊れなくなってきた.

原因はひとつではないかもしれないが,一番の原因は,
  • IC の電源が不安定になり,SIN が HIGH になっているところに IC の電源が入り,高電流状態になる.
これは「ICの電源と,コントローラの電源を別に」した時によく起こる.ネット上に多数この報告がある.

対策で,Icc をレギュレーターで制限することにした.サーボ,LEDは5Vで駆動しているので,3.3V の 100mA のレギュレータにする.普通の状態なら MAX でも 60mA で駆動することを考えるとこれでも流しすぎな感じはするので,更に抵抗を並列に挟んで電流量を調節してもいいかもしれない.Sparkfun の breakout には,5.0V のレギュレータが入っている.

試しにこの状態で高電流状態にしたところ,170mA 流れているのを確認した.レギュレータ,IC共に加熱する.Arduino の USB の電源を使った場合,200mA の電流が Icc に流れ込む.1W が IC 内で消費されるので,ある程度経つとかなり熱くなる.